リュウマチの向き合い方

リュウマチは全国でも70万人いるといわれています。

リュウマチになったことがない人には今一つリュウマチの怖さが分かりませんよね。

しかりリュウマチは国民病とも言われていてそのうちの80%の人が30代からリュウマチを
発症しているのです。しかもその年齢幅は30~50代の働き盛りの人ばかりです。

リュウマチになる人の性別で多いのは女性が多くなっています。

リュウマチの原因はまだ不明なのですが、すこしずつ治療方法も見つかっています。
しかし決定的な治療方法がまだ確立されていないのですぐにリュウマチが治るということは
ありませんん。

早い段階でリュウマチを見つけられると治療にとりかかるのも早く
リュウマチの進行を遅くさせることもできます。

リュウマチになると関節が曲がってきます。また梅雨の時期になると
リュウマチがうずいたり、気分がもやもやしたりします。

憂鬱になってしまうのも無理はありません。

リュウマチは時間をかけて治療することをお勧めします。

年を重ねるごとにリュウマチの進行は早くなっていくので
体調に異変を感じた時には早急に病院へ行きましょう。

リュウマチ 治療 方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です